アロマテラピー(芳香療法)とは、
植物の葉・花・果実などから採れる揮発性芳香エッセンス(精油)を、用いて
暮らしに香りをそえて美容や心身の健康に役立てることをいいます。
精油の有効成分を体に取り入れるには、香りを嗅いで脳に働きかける芳香浴や、
精油を植物油に希釈し皮膚から吸収させ血液やリンパ液に送りこむ
アロマ・マッサージなどがあります。
当サロンではセラピストは男性です。女性には抵抗があるようですが、異性の
タッチングはホルモン代謝が効果的に働き、女性に多い症状である下半身の
むくみ、生理不順、生理痛、冷え性、偏頭痛などに効果的に働きます。

精油の種類精油の使用方法精油の選び方トップへもどる