初めて使用する精油に関しては必ずパッチテストを行いましょう。
10mlのベースオイルに精油1滴を垂らし、腕の内側に塗って
12時間様子をみて、何もなければOKですが、
もし赤くなったりかゆみがでたら、その上にベースオイルだけを塗って
押さえぶきしましょう。
そんな肌が敏感な方でも、アロマランプでお部屋に香りを広げ、
ベースオイルだけでマッサージするのも良いでしょう。

:お部屋で吸入
アロマポットにお湯を入れ精油を垂らします。5、6滴で十分です。
ブレンドする場合は合計でこの量になるようにしましょう。
時折空気の入れ替えをして下さい。鼻が香りに慣れ、あまり香りがしなく
なっても、外から帰って来ると、結構香ってるものです。
場合によっては気分を害する恐れがあるので、換気には注意しましょう。
アロマポットがなくてもティッシュなどに染み込ませても十分です。

:入浴で使用
バスタブに多くて3滴までにしましょう。足、手浴などは洗面器に
1滴で十分です。精油はお湯に溶けず水面に浮く為、直接肌につく為
少量で十分です。

。:アロママッサージ
ボディ用は30mlのベースオイル(ホホバオイル、グレープシード、
オリーブスクワラン等)に精油を合計で6滴まで加えて作ります。
顔や子供用にはその半分の精油で十分です。顔などはできればブレンド
せずに1種類の精油にしましょう。2週間以内で使いきって下さい。

精油の種類精油の選び方アロマテラピーとはトップへ